2018年4月16日 (月)

平成30年度 定例県議会が終わりました

平成30年度予算案を審議した2月定例会が終了しました。課題山積の予算案でしたが,中でも「県庁舎耐震化等整備促進事業」については,会派として反対し,この予算を減額する修正案に賛成しました。 県と広島市は共同で「ひろしま都心活性化プラン」を策定し,広島市の都心が市域・県域の発展をけん引していくよう、より一層の都心活性化の取組を進めることとしています。 昨年,私は代表質問で,紙屋町周辺の整備については,県庁敷地を含め,バスセンター,旧市民球場跡地,更には,商工会議所まで含めて一体で考えていく必要があると指摘しました。 しかし,県は,県庁敷地は今のままで,現庁舎の耐震化工事を行う方針を変えません。「地震はいつ発生するかわからないので,早急に耐震工事するべき」と,県に賛同する意見もありましたが,県庁舎の耐震工事を行うということは,築60年以上の現庁舎を今後更に20年~30年程度も使い続けるということです。コンクリートの劣化年数を考えれば,そう遠くない将来に庁舎の建て替えが必要なのは明らかです。 また,県庁敷地の容積率は400%ですが,現庁舎は131%しか使っていません。減額修正案を提出した会派から(土地を有効活用しないのは)「もったいない」という指摘がありましたが,私も正にその通りだと思います。 「中山間地域の活性化がままならないのに,県庁舎を新築する必要はない」という意見もあるでしょう。しかし,他の自治体の例を見ますと,東京の豊島区では,区役所と分譲マンションを一体とした建物を新築しましたが,敷地を70年間の定期借地として民間に開放し,その借地料を一括受領することにより「0円」で庁舎建設ができています。 また,渋谷区も同様の手法で,現在,区役所と渋谷公会堂を新築中であり,これも公費「0円」で新築しているのです。広島で,何故この手法を検討しないのでしょうか?「0円」は無理でも,庁舎建設基金155億円も合わせて活用すれば,庁舎の建て替えと敷地の有効活用が十分に可能だと思うのです。このままでは,都心の中でも特に重要な紙屋町再開発も,その一区画が欠けて効果も十分に上がらないのではないでしょうか。 県庁舎の耐震化費用は52億円ですが,窓ガラスの補強,配管やケーブル等の更新等を併せると総計75億円もかかる見込みです。これらは,将来,県庁舎の建替えの際には消えてなくなるお金で,全く「もったいない」と思います。 その他にも,「ひろしま都心活性化プラン」では,将来像完成の目標年次を被爆100年となる2045年と示していますが,そんなに時間を先送りして大丈夫なのか,広島だけが「おいてけぼり」になるのでは?と危惧しています。 また,バスターミナルの在り方については議論の俎上にも上がっていませんが,軌道敷の交通体系が弱い広島県・広島市では,バスによる交通体系は重要です。ターミナルの位置の工夫等により,道路交通体系の整備や慢性化している紙屋町周辺の渋滞緩和などを図る必要があったのではないでしょうか。 予算の減額修正案は否決され,庁舎耐震化の予算は議決されましたが,県庁敷地の有効活用の問題等と合わせて,都心活性化に向けて実に「もったいない」判断だったのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

あっという間に一か月が・・・

 衆議院選挙のお手伝いや、その後行われた知事選挙などで、ブログの更新を控えていましたが、もう一か月近く書いていないことに驚いてしまいました。
 さて、11月29日に次男のところに第二子が誕生しました。なんと女の子!我々夫婦には男の子しかいなく、尚且つ次男のところの第一子は男の子でしたので、二重に嬉しい次第です。
 11月29日は、「いい肉」の日ですよね。肉食系女子になるのでしょうか?やさしい若夫婦なので、きっと心温かい女の子になってくれるでしょう。親バカならぬ爺バカですかね(゚ー゚)
孫が生まれて、息子夫婦に心から感謝の気持ちでいっぱいになります。お嫁さん、よく頑張って生んでくれました。息子よ、よくぞ、我が「砂原家」に跡継ぎを誕生させてくれました!としみじみおもうのです。
 それは職業としての後継者という意味ではなく、脈々と砂原家を引き継ぐことができるという安心感みたいなものです。愛する連れ添いと、愛する子供たちを持てる喜びを、長男と三男にも早く持ってほしいものです。この気持ちが「種の継続」という生命体の持つ本能なのかもしれませんね。
 今日、初めてであった我が孫娘ちゃん、すくすく育ってください。
 そして、お嫁さんのご両親に、これからも宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

言葉について

失言がよく話題になります。歴代総理大臣の失言を本にまとめたものがあるくらい、歴史を動かす影響力があります。この度の衆議院選挙での「排除」という言葉は選挙結果を変えてしまったのかもしれません。
 自分が議員になって最初に感じたのは、行政用語と民間での言葉の違いです。例えば、「こうさいひ」という言葉は、民間人であった私は、「交際費」という漢字をイメージしました。行政の世界では、「公債費」が普通で「、交わる」方は使われないことの方が多いです。
 私は、いつも委員会や本会議で質問するとき、言葉に注意しなければと考えているつもりですが、後で、議事録を読んでみると、何と稚拙な言葉遣いなのか、言葉足らずなのかと反省することが多いのです。この言葉ではなく、あっちの熟語を使うべきだった!ここは、「が」ではなく、別の助詞を使うべきだった、とか!
 「排除」ではなく「選択する」の方が良かったのか、また別の言葉の方が良かったのか、その時の雰囲気で言葉は変身するのではないでしょうか。
 言葉って難しいなぁ!!ああ勉強勉強。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

AIについて

「AI」という言葉を最近よく耳にします。未来では人工知能が労働し、人類の労働の形が変わってゆくのではないかと言われてますね。反面、人工知能の進化は人類に多大な危機をもたらすのではないかという意見もあります。2001年宇宙の旅や、ターミネーター、マトリックスもそうかな。そういう題材を捉えた映画は沢山出てきており、みな面白くて興味津々で見ています。
 話は変わりますが、子供のころ読んだ小説の題名はよく覚えているが、どんなストーリーだったか忘れているものが多くあり、とりあえず、読み直してみようと、芥川龍之介の本に手を出しました。「蜘蛛の糸」や、「杜子春」等懐かしい短編を読んでいくうち、「河童」に行き当たりました。題名はしっかり覚えていましたが、内容についてはほとんど覚えていませんでした。ご存じのとおり、河童を通して時代を風刺する内容で、実に面白く、この年でやっと理解できるようになったのかなあと感じました。その中で、「え!」と思う場所があったので、お知らせしたいと思います。最初に書いた、人類の働き方の変遷を、芥川龍之介が言い当てているような気がするのです。
 主人公は、河童の世界へ間違えて、入ってしまいます。やがて友が出来、河童の世界を観たり聞いたり色々体験します。
 ここから、本文です。ゲエル(河童の友達)の話によれば、この国では平均一か月に七八百種の機械が新案され、なんでもずんずん人手を待たずに大量生産が行われるそうです。従ってまた職工の解雇されるのも四五万匹を下らないそうです。そのくせまだこの国では毎朝新聞を読んでいても、一度も罷業(ストライキのことです)という字に出会いません。僕はこれを妙に思いましたから、ある時またペップ(河童の友達)やチャック(河童の友達)とゲエル家の晩餐に招かれた機会にこのことをなぜかと尋ねてみました。「それはみんな食ってしまうのですよ」・・・・・
 人類、工場生産の機械化が進み、働く場所がなくなったらどうなるのでしょうね。芥川龍之介は食ってしまうというのです。続きがあります。
 主人公が「職工は黙って殺されるのですか?」と尋ねると、「それは騒いでも仕方ありません。職工屠殺法があるのですから。」(中略)「つまり餓死したり自殺したりする手数を国家的に省略してやるのですね。・・・」
 芥川龍之介の未来予想の凄さに驚いてしまった次第です。我々も日々安穏と生活していますが、将来をしっかり見据えて将来こうならないように政治に立ち向かっていかねばと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

衆議院選挙終わりました

衆議院選挙終わりました。私の応援した候補者は皆さん当選されました。めでたしめでたしでした。何度か応援弁士をしましたが、何回やっても難しいですね。
 応援演説では、モリ・カケ問題について話しました。最後には緑のたぬきまで出てきた総選挙。緑のたぬきって何と聞いたら、小池さんのことを揶揄して言ってたんですね!
 加計問題の本質は、特区制度の在り方にあり、本来の目的は中央省庁間の縄張り争いに風穴を開けようとしたにもかかわらず、中央の役人さんが、そうはさせじと、安部さんのせいにすり替え、野党側がそれを安部おろしのツールに使ったのではないかと意見を言わせて頂きました。新たな国会で引き続き議論されるのでしょうが、早く解決して、もっと政策論議してほしいと思います。最近、中央省庁の施策のミスを地方に負担させているように思えてならないので!
自民党も少子化や国防の危機を公約に掲げていたのですから、少子化の危機にどうやって取り組まれるのか、具体的な施策を打ち出していただくのが喫緊の課題だと思います。
お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

9月定例県議会終わりました

 平成29年9月定例県議会が終わりました。今定例会で出された議案・条例案の中で、会派として、反対したものがあります。それは、産廃税を5年延長する条例案です。産業廃棄物を最終処分場に持ち込むにあたり、1トンあたり千円課税するというものです。この条例案が出来た当初は、5年間の時限的なものとすることになっていました。平成15年にスタートしたこの法定外目的税は既に3回更新されており、この度が4回目になります。そこで、調べてみると、年間平均約5億集まるこの産廃税、その基金残高は25億円にも上ります。(5年分ですね) なんでこんなに残っているのか?適切に使われているのか?県民に課税しておきながら、蓄えてどうするのか。といことなのです。昨年の決算を調べてみると、約2億2千万円の事業予算を組んだものが、決算で55万円しか使われていないものもあったのです。「3Rの推進」、「廃棄物の適正処理」、「啓発活動」が使途であるといくら言われても、じゃ、なんでそんなに残るの?不法投棄をしっかり監視できてるの?などなど。不思議です。また、県外、特に関東エリアからの持ち込みが総量の約半部にもなっているとのこと。
 一端立ち止まって、本来の課税目的や課税の手法を見直す必要があるのではないかと、反対しました。
  これ以外にも、予算案ではないのですが、東警察署跡地と、エソール広島を取り壊し、前歯科医師会館跡地と合わせて、コンベンション機能を兼ね備えた、外資系ホテルの建設を官民共同で建設することを検討に入った!と突然新聞で報道され、驚いてしまうなど、理解出来ない事が多いのに戸惑ってしまいます。いつから県はデベロッパーになったの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

衆議院選挙近づきました

 毎日のように希望の党をメディアが取り上げ、あたかも選挙がワイドショーのように見えてなりません。
 その中で、国連における、日本と北朝鮮のやり取りを見ていると、何故こういった問題を選挙の争点として真面目に取り扱わないのだろうと思います。消費税の問題にしても、国民皆保険制度や介護保険制度の課題をクリアーするために、本当に今検討されている税率で良いのだろうかと思います。国はこういった社会保障制度の原資が枯渇してきていることを知りながら、触れたがらない。気がつけば地方に赤字を付け替えるような制度を作ってゆき、地方も抵抗すらせずに甘んじて受けてします。首長は素知らぬ素振りで国が決める事なのでと逃げてしまう。
 大事なことはタブーで語らない。選挙の争点が見当たらないというけれど、我々地方議員にとってみれば、国の施策は課題山積。もっとまじめに議論して!公共の電波を使っているのだから。
  今回の選挙戦のおかしさを、国民の皆様も肌で感じているのでは?サイレントマジョリティーは意外と冷静に物をみてますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

最近のルールとは?

最近車を運転していて驚くことがよくあります。一方通行を平然と逆走するドライバー。右折のレーンに入っていながら突然直進する人。信号無視は当たり前。自転車が信号無視して交差点に進入。などなど、交通ルールは破るためにあるのか、はたまた、自分がルールなのか?日本人の中にあった社会的な規範意識がどんどん削がれている気がします。
 何が原因なのでしょう?学校給食が美味しくないから給食費を払わない親が堂々とメディアでその持論を吐いていましたが、そういった報道がどんどん積み重なって少しずつ、「これは許されるんだ」とか「みんながそうなんだからいいんだ」と非常識が常識になってきているようです?
 この度の衆議院の解散についても首をかしげてしまいます。解散も政局を見たもののように感じましたが、新党ができて、平然と党首が自分の党を解体して選挙で勝てそうなその党に合流してしまう。新たな政党もその発言はメディア受けするようなものばかりで政治姿勢が伝わって来ません。自民公明一強つぶしのためには何でもOK!先に述べましたが、報道される、こういった政界の諸問題が、日本人の規範を崩している部分もあるような気がします。
 作家の小泉八雲さんは、イギリスとギリシャのハーフですが、日本をこよなく愛した人です。彼は、封建制度が作り出した最高傑作は、日本人女性である。と、本に書き記していますが、女性だけでなく小泉八雲が言う、「日本人の良さ」が加速度的に消滅していっているように感じるのは私だけでしょうか?誠実で勤勉で、人を裏切ることのない人になりたい今日この頃の私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

解散が決まりました

 解散が決まりました。まさにメディアの言うとおりになりました。と同時に、「希望の党」なる「小池百合子新党」が誕生しました。
 解散劇も小池新党もメディアの狙った通りの出来レースに見えて仕方ないのです。
 そもそもメディアは、議員の不祥事を朝な夕なに取り上げ、議員不信を掻き立て、政治をバラエティショーにしてしまい、今いる議員では政治改革はできないかのようなイメージを作り上げてしまってないでしょうか。そして、小池氏なら、何かしてくれるのではないかという雰囲気を醸し出しているようにもみえます。まあ、消費税の使途の変更を突然言い出した安倍政権にも疑問符をふりたくなりますけど(私は自民党の議員ではありますが)
 地方政治は、人口減少による過疎化で四苦八苦しています。予算の縮減で道路は穴だらけ。白線はきえ、横断歩道かどうかもわからない場所もあります。草が生い茂った道も見かけます。国防問題も喫緊の課題です。課題山積ですから、選挙が終わったら、選挙戦で公約したことを着実に実施していってください。また、国民・県民・市民の声や、地方行政の声にも耳を傾けてください。お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

東京に行ってきました

 先週の月曜日に東京へ行ってきました。武蔵小杉駅前再開発と、東京オリンピック選手村開発事業を観てきました。
 私も分譲マンション事業を手掛けていました。その当時、マンション計画地から半径1キロメートルに借家が何件あるかリサーチし、分譲戸数と購入潜在人口を比較して、事業着手するというのが、常套でしたが、武蔵小杉駅前開発は、そんな常識が通用しません。
 なにせ、軌道敷が2本通っており、そのことが随分遠くからの購入希望者を取り込むことが出来るようでした。それと、やはり、人口が多い!
 広島では、やはり広島サイズを考えなければいけないのかなあ。
オリンピック選手村も、すごい敷地に、マンション(選手村)がにょきにょきと建設されていました。1年間賃貸でオリンピック選手に使ってもらい、その後内装をすべてやり替えて、分譲するようです。すでに、道路はできていますが、現在は通行止め。
 先に、道を作って、後から開発。まあ、これが当たり前ですけどね。どこかの県のように、渋滞が発生した後で、部分的な道路改良を行うなんてことはしないのです。だから、発展するのですね。
 先進事例を見れば何から手を付ければよいかわかるのではないでしょうか?不思議な広島県です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«政治家不信